退院後の支援
退院後の支援
  1. HOME
  2. 退院後の支援

退院後の支援

弓削病院では、様々な治療や取り組みを行っています。退院後の生活に不安がある、再発しないように生活するにはどうしたらいいのか、そのような悩みをお持ちの方に退院後の生活を支える支援があります。ご紹介させていただきますので、ご覧ください。

※以下の利用については、対象となる方の要件がありますので興味のあられる方は、まず主治医や病院スタッフにご相談ください。

在宅訪問支援

訪問診療

通院が難しい患者さんのご自宅や施設に定期的に訪問して行う診療です。医師や看護師、精神保健福祉士が訪問いたします。詳しくは、外来看護師へお尋ねください。

訪問看護

患者さんのご家族や地域の関係者の方々と協力しながら、患者さんの自立した生活、社会活動参加の支援を目的に患者さんのご自宅に伺います。日常生活上の問題解決に着目しながら、必要とされるセルフケア能力の維持・向上のための援助を行っています。看護師や精神保健福祉士、作業療法士の多職種で支援にあたっています。

詳しくはこちら

精神科リハビリテーション

デイケア

通院中の方が日中通所して生活リズムを整え、社会復帰に向けて準備をします。デイケアでは様々なプログラムが用意されていますので、1人ひとりの目標に合わせて、希望する生活に向けて支援していきます。当院ではリワーク(復職)プログラムも実施しています。1日の利用時間は6時間です。

デイナイトケア

同じ悩みを持つ患者さんがともに安心して過ごし、楽しみを見つける機会を提供しています。デイナイトケアではグループ活動や個別の援助を通して、病状コントロールと生活の自立を目指します。1日の利用時間は10時間です。

詳しくはこちら

地域活動支援センターアシスト

地域で生活している障がいのある方が対象で、活動を通じて日常生活リズムを整えたり、活動の場を増やし社会との交流促進を図ったりと、利用者の皆様と楽しく交流しています。

詳しくはこちら

福祉ホームあすなろ

生活能力をある程度お持ちの精神障害者の方を対象に、「生活の場」を「日常生活の援助」を提供することにより、地域生活における社会復帰と自立促進を目的にしています。あすなろでは、管理人が以下のような入居者の日常生活の支援や援助に携わります。

  • 食事の見守り
  • 清潔・清掃の保持
  • 生活指導
  • 金銭管理の援助
  • 買い物への同行など
詳しくはこちら