精神保健福祉士

JOB精神保健
福祉士

MESSAGEメッセージ

メッセージ

医療福祉グループ係長
精神保健福祉士 Fさん

精神保健福祉士は、各病棟、外来(地域連携室)、デイケア(リワーク)、デイナイトケア、訪問看護、障がい者相談支援センターに配属されています。精神科医療・福祉における精神保健福祉士の役割は多様化し、各部署によってケースワークのあり方や視点が異なります。しかし、病気を抱えていても家庭・地域で安定して生活し、維持できるようチームの一員として院内外で連携を図り、問題を整理・調整することで、患者さん自身が持っている力を取り戻し、自分らしいライフスタイルを獲得してより良く生きていけるように寄り添い、共に考えていく役割であることは全部署で共通しています。急性期・回復期・安定期の各プロセスにおける精神保健福祉士の役割を経験し、多方面で学ぶことができる病院だと思います。

VOICE先輩たちの声

先輩たちの声

精神保健福祉士
Sさん

Q1.当院で働いてみてどうですか?

入職した時は専門知識や業務に対して不安がありました。でも、院内のスキルアップ研修や新人勉強など専門知識を勉強できる機会が設けられており、知識を確認・質問できるため不安感は薄まりました。また、日頃の業務で分からない事や疑問に思ったことを相談できる心強い先輩方や同期がいるため、今では安心して業務を行うことが出来ています。

Q2.これまで働いてきて嬉しかったことは?

DNCでの業務や運営できるプログラムなど少しずつできる事が増えてきたことや、患者さんとの関係性ができてきたなと実感する時が嬉しく感じます。

Q3.皆さんに一言

弓削病院は職場の雰囲気が良く、先輩方も優しいです。研修なども参加させていただけるので、スキルアップしやすい職場だと思います。精神科で働いてみたい方や興味のある方は、一度、弓削病院の見学に参加されてみてください。

先輩たちの声

精神保健福祉士
Yさん

Q1.当院で働こうと思った理由は?

大学生の時に、適応指導教室に通っている中学生と接する機会があり、小児思春期分野に興味を持つようになりました。他にも小児思春期分野を扱っている精神科はありますが、弓削病院を見学した際に丁寧に紹介してくださり、ここで成長していきたいと思ったのがきっかけです。

Q2.これまで働いてきて嬉しかったことは?

訪問看護をしている患者さんに名前と顔を覚えてもらえ、外来診察時に声を掛けてもらえた時は、嬉しかったです。また、社会資源の制度や手続き方法について説明を行った際に、「説明が分かりやすかった。」や「あなたのおかげで手続きをスムーズにすることができた。」と褒めてもらえた時は、より一層、分かりやすい説明を心がけようと思いました。

Q3.皆さんに一言

新人教育が充実しているので、困ったことや分からないことがあれば、プリセプター等にすぐに相談できます。先輩方も多いので、専門職として多くのことが学べ、成長していけると思います。

REAL一日の流れ

精神保健福祉士ミーティング

精神保健福祉士間でケース情報を共有します。

精神保健福祉士ミーティング

精神保健福祉士ミーティング

病棟カンファレンス

多職種でケースカンファレンスを行います。

病棟カンファレンス

病棟カンファレンス

ケースワーク

配属部署で入退院対応や患者さん・ご家族との面談、他機関とのケース会議を行います。

ケースワーク

ケースワーク

エントリーする