メッセージmessage

看護部部長 長嶺幸弘

副院長 兼 看護部部長 長嶺幸弘
(日本精神科看護協会熊本県支部長)

当院には現在110名の看護スタッフが所属しています。主な配属先は外来、病棟、デイケア、デイナイトケア、訪問看護、地域支援センター、グループホームと様々です。
患者さんの救急・急性期症状に対応する病院ということで、入退院が多く、また積極的に様々なチャレンジをしていることで大変忙しい日状況ではありますが、2019年の年休消化率は95%で離職率は5%(うち新卒者離職率0%)となっていることから、働きやすい職場ではあると思います。
私は日頃からスタッフの皆さんに「自己実現」ということを発信しています。弓削病院という場で、皆さん各々が自分の思うことを実現していただかれることを願っています。

精神科認定看護師 濱崎健二

精神科認定看護師 濱崎健二
(Eユニット主任兼看護部教育委員長)

看護部では、数年後どのような看護師になりたいか本人の希望を確認し、それを目指して計画的な教育を計画・実施・評価しています。近くクリニカルラダーの導入も図ります。
看護学生の臨地実習積極的に引き受け、学生が精神科看護に興味が持てるように、アプローチやフィードバックの方法も工夫しています。この効果もあってか、実習生から当院への入職が数年続いています。学生指導で培った教育方法も導入し、「この大切な看護師のタマゴ」をみんなで支える体制を整えています。このことも入職が続いている一要因ではないかと考えています。
看護師として、もしくは精神科で初めて働く方も安心して、成長できる環境を整えています。ご自身のキャリアアップも図りやすく、各資格の取得・関心のある研修に参加できます。さらには、外部の活動依頼(院外での講義など)も多く、診療科が異なる看護師や他職種の方とも意見交換ができ、幅広い知識や技術が習得できます。
このような教育活動をプログラム化しています。「なりたい自分」を一緒に実現しましょう。

スタッフの声voice

1日の流れwork flow

  • バイタル測定

    9:00〜
    バイタル測定

  • シーツ交換

    9:00〜(週に一回)
    シーツ交換

  • 回診

    9:00〜、14:00〜
    回診

  • 患者さんとの関わり

    患者さんとの関わり