デイケア・デイナイト
デイケア
デイナイト
  1. HOME
  2. デイケア・デイナイト

精神科デイケア・
デイナイトケアとは

利用者1人1人の目的に合わせて治療を行う場所です。
再発や再入院の防止をはじめ、安定した地域生活を送るための支援を行っています。
デイケアでは様々なプログラムが用意されていますので、楽しみながら自分のペースで参加できます。他職種のスタッフがいますので、病気や生活についても気軽に相談できます。

当院デイケア・
デイナイトケアの目的

個人の目標の実現に向けた社会復帰を目指します。

  • 就労
  • 病状の管理
  • 地域生活の継続
  • 規則正しい生活リズムを作る
  • 人との付き合い方を学んだり、仲間を作る
  • 生活習慣を身につけ、社会的自立の準備を行う
  • 自分の病気との向き合い方を知り、自分に合った目標を立てる
  • 自分なりの生活を作り出す

利用者層

H30年度 1年間におけるデイケア利用状況

  • 参加している方の年代

    デイケア利用状況
  • 参加している方の疾患

    参加している方の疾患

一日のスケジュール

今月のプログラムはこちらです。

  • 11月分デイケアプログラム

    11月分デイケアプログラム
  • 11月分デイナイトケアプログラム

    11月分デイナイトケアプログラム

プログラムの内容

コミュニケーションプログラム

SST、ビギナーズ、ゲームデイケアを利用する人の多くは、コミュニケーションが上手になりたいということを目標にしています。対人関係の取り方について学び、練習し、生活に生かしていきます。コミュニケーションが苦手で緊張が強い人には、ゲームやレクレーションを通して交流を持つ機会を増やします。 SST、ビギナーズ、ゲームなど

心理教育プログラム

一人一人のリカバリー目標に向けて、病気に対する正しい知識や情報を得、病状を管理したり対処法を学ぶことを目的としています。
※当院の小冊子「回復に向けて」を利用した心理教育も実施しています。 IMR、かたらん会など

生活支援プログラム

料理プログラム、健康教室、生活教室病気や障害のために、日常生活に関連した活動がうまくこなせなくなることがあります。自立した生活が送れるように、生活に必要なことを学んだり、練習していきます。 料理プログラム、健康教室、生活教室など

運動プログラム

ストレッチ、ヨガ、太極拳、ミニバレー、バドミントン、卓球身体的活動は体力の向上や精神症状の改善など、身体や心の健康に効果があります。ゆったりと自分のぺースで行う運動から、集団で行う運動まで幅広く行っています。集団で行う活動は、他者との交流を持つことも出来ます。 ストレッチ、ヨガ、太極拳、ミニバレー、バドミントン、卓球など

創作プログラム

創作(個別・集団)、手芸、革細工創作活動は集中力や正確さ、丁寧さ、作業ペースなど作業に必要な機能を高めていきます。また、好きなことに取り組むことで、気分転換やストレス対処、自信の回復にもつながります。集団で行うことで、交流も広がります。 創作(個別・集団)、手芸、革細工など

就労支援プログラム

「働きたい」希望がある人を対象に、就労に向けての準備をしていきます。就労について学びながら、自分に必要なことを考えていきます。外部の就労支援機関とも連携を取りながら、自分に合った働き方を見付けていきます。また、院内にあるコンビニで働くための訓練も行っています。 就労プログラム、生活彩家訓練など

プログラムを
利用した方の一例

就労を希望した場合

プログラムを利用した方の一例

プログラムの利用について

当院を受診されている方

  1. 受診時等に主治医にデイケア参加の確認が必要となります
  2. デイケアスタッフが詳しい内容の説明を行います
  3. プログラムの見学・体験もできます(体験は3回まで可能です)
  4. 登録の手続きを行います

当院以外(他院・クリニックなどを)を受診されている方

  1. 受診先の主治医にデイケア参加の確認が必要となります
  2. 電話にて当院にてお問合せください
  3. プログラムの見学・体験もできます(体験は3回まで可能です)
  4. 登録の手続きを行います。

※見学の際に登録における必要事項を説明します