リワーク
  1. HOME
  2. リワーク

リワークReturn to Work

リワークとは、return to work の略語です。気分障害などの精神疾患を原因として休職している労働者に対し、現場復帰に向けたリハビリテーションを実施しています。復職支援プログラムや職場復帰支援プログラムとも言います。
(参照:一般社団法人日本うつ病リワーク協会)

当院リワークプログラムの目的

  • 生活リズムの改善と安定
    生活リズムの改善と安定
  • 就職に向けたウォーミングアップ
    就職に向けたウォーミングアップ
  • 再休職予防のためのセルフケア能力の向
    再休職予防のためのセルフケア能力の向上
  • コミュニケーション・対人関係能力の改善
    コミュニケーション・対人関係能力の改善
  • 自己理解を深め、生活の質の向上
    自己理解を深め、生活の質の向上

1週間のプログラムの流れ

 
9:00〜 準備・朝礼・呼吸法
10:00〜 認知行動療法
(グループ)
認知行動療法
(ワークシート)
生活改善面談
オフィス
ワーク
軽運動 ミーティング
(一週間の振返)
12:00〜 昼食
13:30〜 自主活動 自主活動 自主活動 心理教育
SST
自主活動
15:30〜 終礼

横にスクロールで確認することができます。

プログラム内容

認知行動療法
認知・行動の両面からの働きかけによりセルフコントロール力を高め、社会生活上のさまざまな問題の改善、あるいは課題の解決を図る心理療法です。主に自分の考え方のクセに気付いたり、考え方の幅を広げたりできるよう人やグループで課題に取り組みます。
生活改善面談
事前に生活チェックシートに生活状況の記録を行います。記録をもとにリワーク担当医や看護師と一緒に生活状況を確認し、課題があれば改善を図ります。
心理教育
臨床心理士が講師となり、ストレスマネジメントや感情コントロール、職場での対人関係などについて学んだり、自身の疾病について資料をまとめて発表をしてもらったりしています。その他、復職準備として再休職防止計画の発表なども行います。
ミーティング
一週間のリワーク活動の内容、生活状況や体調などを振り返ります。また、翌週のリワーク活動や日常生活での目標を設定してグループ内で発表し、参加者同士で意見交換などを行います。
オフィスワーク
創作や文章の要約などの活動を個人やグループで行います。集中力や遂行能力などを確認しながら取り組み、現在の作業能力を確認していきます。
軽運動
バドミントン・卓球・ストレッチなどのプログラムを楽しみながら体力の回復を図ります。また、運動を通して集団で活動するという感覚を取り戻していきます。
自主活動
パソコンでの書類作成・脳トレ・読書・ペーパークラフト・再休職防止計画作成など個別で内容を決めて行います。

リワークのステップ

リワークのステップ
GO TOP
受付時間

(午前)8:30〜12:00
(午後)13:30〜15:30

096-338-3838

原則予約制ですが、急患はこの限りではありません。
土日・祝日・時間外の急変時はお電話にてご相談ください。